読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうも、あさねぼう

ジャニーズや若手俳優、アイドル。偶像崇拝の癖。

KAT-TUNと私。~出会い~

お久しぶりです。なまけものです。

 

就活が、終わってのほほんとしてたら田口くんが事務所との契約を満了し、張り切って社会人頑張ってたらKAT-TUNが充電期間…。

 

皆さん、素敵な充電LIFEをお過ごしでしょうか?

 

こんな機会も滅多にないので、(あったら困る)10周年だし、KAT-TUNと一緒に歩んできた私の10年をここに残していこうと思います。

 

 

かれこれ、あれは中学2年生の夏のことじゃった…

 

巷では、赤西くんと亀梨くんが「ごくせん*1にて名を馳せていた頃、九州のど田舎で育った私はNHK教育テレビとアニメだけが世界の中心でした。))

ジャニーズのジャの字も知らず、モー娘に激ハマリしてたので「男の子をかっこいいって言うことは恥ずかしいことである」とか勝手に思ってました。

 

小学生の頃に「きみはペット*2」で松潤にかわいいという感情を抱くものの「きみはペット」とかいかがわしいタイトルのドラマを親に見ていることを知られるのが嫌で「ワンナイ*3見る!」と嘘をつき、テレビに毛布をかけてイヤホンでドラマを見てました(笑)

今思うとなんでそんなAVを隠れて見る少年のような行動をとったのかわかんないけど。(多分、はずかしいって気持ちがあったからだろうな)

 

話が逸れちゃいましたが…

そんな中学生にして暇さえあればNHKをみて夜はアニメ見て9時には就寝する超真面目っ子だった私はついに出会ってしまったのです。

 

陸の孤島と言われる私の住んでる県に「KAT-TUN×3*4」が放送されたのです。

 

テレビに友達が話してたカメナシくんとアカニシくんが出てるなー位で見てたいました。(当時の私の中では、みんなが話してるカメナシくんやアカニシくんより天てれ*5出ている、ウエンツやイデタク*6の方が有名人だったので、ジャニーズだねぇ~かっこいいね~みたいな軽い気持ちで見てました)

 

そこでMEGUMIさんとのデート企画でバク転しながらニコニコしてた王子様かっこいいなぁ~とか思いつつ…でもとにかく怖い!今までであったことのない人種!だってNHK教育テレビにはKAT-TUNみたいな人出てこないんだもん。みんなこんな人たちが好きなんだ…と軽いショックを覚えてたとき、LIVEパートでKAT-TUNのみなさんが歌い踊る。

 

衝撃が走りました、心の底からかっこいいと思いました。ゴリゴリのロックをギラギラした衣装で激しく踊る姿をみて、今まで出会った何よりもかっこいい音楽だと思いました。

 

その日から、私はハイフンとして一歩を踏み出しました。

 

 

今日はここまで書いておきます。

次回、「デビュー」

 

書いてて思ったけど中学生でNHKみて9時に就寝とかどんだけいい子だったの私。

そういや、KAT-TUN×3で中丸くんが秋葉系(PC)ってキャラ分けされてたの今思うと大概面白い(^O^)

 

なまけもの

 

*1:第二シリーズ 2005.1.15-3.19 高校教師ヤンクミの奮闘記 このドラマのおかげでKAT-TUN(主に仁亀)のファンが増える。ごく出は永遠の新規ってよく言われてきた。

*2:2003.4.16-6.18 キャリアウーマン(小雪さん)が年下美少年(松潤)を飼う話。非常に萌えた。松潤マジで可愛かった…

*3:水10 当時の小学生の話題の中心。ゴリエとか宮迫です!とか

*4:2005.7  全二回の冠バラエティー。デビュー前に単独でバラエティー番組とかすごくないですか…

*5:天才てれびくん

*6:立派なハイフンであり強火の亀担である。

NEWSの夏ソングについて

 

みなさんこんにちは。日差しも強くなり気温も上がり、道行く人たちも夏の装いになってきました!そこで、NEWSの夏ソングについてあれこれ考えてみようと思います。(唐突)

 

ぱっと歌詞を見た感じ夏曲っぽいものを「恋愛ソング」「青春系」など分類分けしたところNEWSの夏曲って恋愛ソングばっかり!!!!!ピックアップした曲はこちらです↓↓

 

チュムチュム - NEWS - 歌詞 : 歌ネット

エンドレス・サマー - NEWS - 歌詞 : 歌ネット

君がいた夏 - NEWS - 歌詞 : 歌ネット

恋祭り - NEWS - 歌詞 : 歌ネット

SUMMER TIME - NEWS - 歌詞 : 歌ネット

渚のお姉サマー - NEWS - 歌詞 : 歌ネット

NANDE×2 DAME - NEWS - 歌詞 : 歌ネット

NYARO - NEWS - 歌詞 : 歌ネット

BEACH ANGEL - NEWS - 歌詞 : 歌ネット

 

以上9曲!歌詞に「夏」や「SUMMER」等を含むものをチョイスしました。歌詞をみてみると100%ラブソング。恋の始まりや終わり。恋愛のパターンを(恋愛経験の浅いわたしが)分類分けしてみようかと思います。

 

恋の始まり(一目ぼれ)

チュムチュム

「ガンジスのほとりで君を見た」←ガンジス川のほとりで見かけた君に一目ぼれした後にチュム*1してえええ!みたいな感じ?しっかし、一目ぼれなのに唇に触れたいとか思っちゃうとか夜燃えちゃったり展開早すぎてビビる…(手越くんが頭に浮かんだのは私だけだろうか…

 

SUMMER TIME

夏に海に行って、ビーチで出会ったキミに一目ぼれ、その後猛アタックする曲。「キミに一目惚れ」って歌っちゃってるし。でもチュムチュムに比べると先に進んでない感じ。告白する前までのお話。マッスーの「ちょーっとヤバめに↓触れた視線が↓」がとってもかわいいです。

 

NYARO

多分、舞台は海合コン。海で合コンして右から三番目の彼女のこと好きになった曲。サンシャインに「あれじゃなきゃダメなんだ」って言っちゃうあたり結構ザワザワしました。マッスーに言ってほしい!!NYAROってどういうタイトルだよ?と思ったら「夏め~コノヤロ~!」のNYAROなんですね(笑)

 

友達関係からの脱却(片思い)

恋祭り

「普段とは違う君のせいで心に火が点された」浴衣姿見て友達だと思ってたけど一気に恋愛対象になる曲(だと私は認識してる)。告白するけど花火にかき消されちゃうあたりが青春というか甘酸っぱくて好きです。

 

友達以上恋人未満(片思い)

渚のお姉サマー

最初、え、ダジャレ??と不安になった曲。年上のお姉サマーに恋してるけどハグ以上のことさせてもらえない。(「これ以上はダメだよ」より)多分好きっていうの止められてるのかな?だから友達以上恋人未満。大人の恋愛だけどこういうのちょっと憧れる。

 

NANDE×2 DAME

幼馴染に指輪を買って告白しようとするけどうまくいかない曲。告白するのに「指輪」ってちょっとレベル高くない?もしかしてプロポーズの歌かな?とか思ったけど歌詞に「幼馴染の君に僕の思いよ届け」とあったのでプロポーズではないと判断。この空回りっぷり、「恋祭り」をちょっと思い出す。

 

BEACH ANGEL

「ありのまま恋をしよう 伝えたい言葉がそっと潮風に吹かれて」ってあるからまだ告白してないのかな?と思い友達以上恋人未満。私の個人的考えだけど恋だと片思いで愛だと両想いって印象があるんだよな~。

 

恋の終わり(失恋)

エンドレス・サマー

夢のために彼女とお別れする話。「「まだやれるよ」って君が背中押してくれるから」って歌詞より円満なお別れだったのかなぁと。彼女と過ごした時間を「追いかけるたびに遠ざかっていく虹のようなあの日々」と表現しちゃうあたり相当未練あるんだろうな。

 

君がいた夏

去年の夏に付き合ってた彼女と夏の終わりにお別れ(ひと夏の恋)夏の始まりとともに去年の輝かしい思い出と彼女のことを思い出す曲。これもすさまじい未練を感じる…

 

てな感じで分類分けしてみました。9曲中7曲が片思いソング。しかも付き合っててラブラブの曲が1つもない!やっぱ夏はイベントも多いし恋の始まりとかわくわくする曲が多いのでしょうか?ざっくりとしかも私の妄想まで含まれてるってことで人によっては解釈も変わってくると思います。NEWSの夏曲は可愛いものが多くとてもおすすめなのでみなさんぜひ聞いてみてください!

 

そろそろ今更かんあるけど音楽の日感想ブログあげます。

 

 

 

*1:チュム=キス(インド)

「○○くん(ジャニーズ)と付き合いたいとか思うの?」ジャニヲタがよく聞かれる質問について

お久しぶりです。たった二つしか記事を書いてないのにたくさんの方がこのブログを見てくださってるようで震えました。ありがとうございます。

 

今回のタイトルは「○○くん(ジャニーズ)と付き合いたいとか思うの?」という、ジャニヲタであれば必ず1度は聞かれるであろう質問の数々について私なりの考え方を記事にしてみたいと思います。

 

私事ですが、中学2年のころから現在進行形でKAT-TUN田口淳之介くんのファンをしています。俗にいう「田口担」です。その中で、よく聞かれること「なまけもの(仮名)さんは、田口君と結婚したいとか付き合いたいとか思うの?」この質問は、中学、高校、大学、バイト先、現在でも聞かれます。私以外にもこのような質問をされる方は多くいるのではないでしょうか?

 

ジャニーズアイドルのファンの応援の仕方は十人十色。本当に恋人のように思っている、もしくは付き合いたいと思っている人(リア恋)、可愛いと愛でる人(母性)、貶すことで愛を表現する人(貶し愛)、セットやグループ単位で愛でる人(グループ担)、神のように崇めている人(崇拝)このようにさまざまな愛し方や応援の仕方があると思います。私はどちらかというと崇拝型です。それをふまえてこれからのお話を読んでいただけると幸いです。

 

「田口君と結婚したいとか付き合いたいとか思うの?」

神様と同等に思っている田口くんと付き合うとか思うだけでおこがましい!確かに私も、中学生のころは「田口くんみたいな人がクラスに居たら幸せだな~」とか思ってた時期はありましたが、大学に入って初めてコンサートに行ったときにその思いはきれいさっぱり無くなりました。

 

「もし田口くんが告白してきたら付き合う?」

ふっっっっざんな!!まず、田口くんが私に告白するなんてありえないし、考えられない。そして、それを聞いて楽しいか?といつも思います。大学生になって一気に増えた質問です。

 

「彼氏が俺と田口君どっちが好きなの?って聞いてきたらどうする?

 最近増えた質問。とりあえず愚問!!!!!!これを聞かれたら、私は怒ると答えます。彼氏が田口くんと自分を同じ土俵に立たせてること自体が許せない!イエス様と人間を同じ天秤にかけてどっちが大切なんだ?と聞いてるようなもんだよ!と言ったらすごく気持ち悪がられました(これはしょうがない)

 

世の人たちに知ってほしいこと。それは、大体のジャニヲタは「好きな人(恋愛対象)≠ジャニーズアイドル」であるということです。(一部対象外)今回は崇拝型の私の意見を書かせていただきました。もしこの記事を見てくださった方で「私はこう考える」などありましたらコメントいただけるとうれしいです!

 

ちょっと遅くなったけど マッスー シゲちゃんお誕生日おめでとう!

 

 

再出発曲からみる KAT-TUNとNEWS の経時的変化

 

私がHatena Blogを始めたきっかけ、それはいちこさんの「星をめざしてPHOENIX」でした。メンバー脱退からの再出発を意味する曲がKAT-TUNとNEWSでこれだけの違いを示し、さらに「らしさ」を出していることに驚きと感動を感じました。

 

idolko.hatenablog.com

 

この2つのグループは多くの共通点があります。いちこさんの取り上げた「再結成」を意味する曲が存在するように、彼らは2段階の再結成を経ているということです。ここで私は、彼らの再結成後1発目のシングルを「新体制のイメージソング」と仮定し記事を書きたいと思います。

 

1段階目の再結成

 

NEWS「星を目指して」(6人体制初発シングル)

星をめざして - NEWS - 歌詞 : 歌ネット

~曲調・歌詞について~

キラキラとファンタジーなイントロから始まり「一度死んで」というちょっぴりショッキングな歌詞からスタートするこの曲。曲調的にはポップで明るい曲調だと私は思う。歌詞全面から「ファンに対する謝罪とこれからの抱負」のようなものがビンビンに感じることができる。メンバーたちも「自分たちを現した曲です」とのことを言っていたし。バレーの応援サポーター*1として結成された彼らの曲は「応援歌」が多く、相手に対して「君の努力はきっと報われる」と頑張る君の歌という印象が強かったが、今回は僕の歌って感じ。もう自分で何を書いているかさっぱりわからない。これまでのNEWSの印象を残しつつ新たなステージを目指すという意思が込められた曲だと思う。

 

~歌割りについて~

 NEWSの結成当初の曲のイメージは「山Pが主に歌ってる」だった。確かに今回の星を目指しても山Pが歌割り配分は多いが、以前よりは少ない。その分錦戸くん、マッスーが歌っている場面も多くある。もともとマッスーはCメロ担当が多かった(しかしCメロしか歌ってない場合もあり)が、今回は二番の頭など結構重要な場面に歌割り配当が来ている。歌割りの増加率が高いのはマッスーだけでなく手越くんも同様だ。ソロパートがほぼない印象の強い私にとって初めて「星をめざして」を聞いたときに手越くんが歌ってる;;と思った。コヤシゲの歌割りはほぼない。

 

歌割り多 山P>>錦戸くん>マッスー>手越くん>>小山くん=加藤くん

 

 これから見るようにNEWSのトップは山Pに今まで通り据えつつ錦戸くんをセカンドにおいて歌唱面はテゴマスで支えようという方針がわかる。再結成初の平和魂*2に参戦*3したのだが団扇の数も同じような感じだった。シゲ担当として参加していたのだが隣に座っているお姉さん(山下担当・錦戸担当)に担当を聞かれ友人(山下担当)と一緒にいた私は「シゲ担当です」と答えると「どこが好きなんですか?」と結構真顔で聞かれたのは、今となってはいい思い出である。

 

 

 KAT-TUN「Going!」(5人体制初のシングル)

Going! - KAT-TUN - 歌詞 : 歌ネット

~歌詞・曲調について~

聖の「Going!!」という力強い掛け声から始まる曲。CDジャケットも驚きの白さ。衣装も白い。これはKAT-TUNか?と自問自答し「うん、KAT-TUN」だ。と勝手に納得した。この曲は亀梨くんが念願のスポーツキャスターという夢をかなえた「Going!sports&News」のテーマソングとしてつくられた。今まで「逆境に立ち向かう俺たち」というイメージが強く「怖そう」「チャラい」というイメージを払拭するようなポップで明るい曲調に加えて「力の限り走る君が世界の壁を壊してく」「自分信じて」「明日を信じて世界に飛び乗れ」など以前「KAT-TUNの元気が出る曲」というタイトルでブログを書いたのだがそこに入れたいと激しく思った曲の一つである(↓参照)。KAT-TUNの特徴である「ボイパ*4」や「RAP」盛り込み、曲調は新しいものにチャレンジしてはいるがKAT-TUNの本質は変わってないって意味なのかな。そういえばファンもまねできるように振り付け(サビ部分)が簡単になっていた。今まで「お前らそこで見てろ」と言わんばかりの激しいダンスを踊っていた彼らには考えられない。ファンのことを大事にしてくれているんだなと心が温かくなった思い出。

 

na-san.hatenablog.com

 

~歌割りについて~

今までは、亀梨くんと赤西くんをメインボーカルとし他の4人には殆ど歌割りが回っていなかった。(だからこそ何か個性をつけようと他の4人は奮闘する。田中くん=RAP、中丸くん=ヒューマンビートボックス、上田くん=ギターなど、田口くん=ダンスやダジャレ・大道芸)今回の曲の歌割りは、驚くほどに均等になっている。NEWS同様メインが亀梨くんなのは今まで通りなのだが他の4人(T-TUN)が今までならメインの二人が歌っていそうなところを分配して歌っている。(Aメロ、BメロはT-TUN担当)比較的に田口くんの歌配分が少ないように感じるが歌っている場所がAメロやBメロの一部なので歌ってない感じがしない。あとたぶん田口くんはハモリに徹している気がする。

 

歌割り多 K>>-T>U=N>>T

 

このように歌割りの数に差はあるものの亀梨くんが主要な部分を担当していないため、聞いている側としては均等にみんな歌割りがされているように感じる。歌だけ聞くとKAT-TUNはメインを作らずに全員均等に歌っていくのかと思いがちだが、KAT-TUNの場合ダンスの立ち位置も重要になってくる。いままでメインの2人がセンターを務めその後ろにあとの4人が居るという配置だったが今回は、全員横一列。歌割りのところでちょっと前に出てきたり、真ん中に来るぐらい。KAT-TUNが横一列に並んで歌ってるの珍しいなぁと当時の私が思うくらい異常な光景だった。でもそれが「リーダーを作らないKAT-TUNらしさ」にも見えてすべての結果から、KAT-TUNはメインを作らず5人横並びの方針というのがわかった。

 

 

2段階目の再結成

 

NEWS「チャンカパーナ」(4人体制初シングル)

チャンカパーナ - NEWS - 歌詞 : 歌ネット

~歌詞・曲調について~

初めて聞いたときに「こう来たか…」と思った。再結成第一段階「星をめざして」の自粛ムードとは打って変わって飛びぬけた明るさの曲。今まで「清廉潔白」を売りにしてクリーンなイメージの強い彼らが「痛いほど君がほしいよ」「ジンジン燃えている身体は止まらない」などちょっとエッチ過激な歌詞を歌っている。そこから「NEWSはこんなこともできますよ!」というアピールを感じた。ダンスもファンが真似しやすいよう動きの少なくキャッチーなものに変わっていた。あとこの「チャンカパーナ」は愛しい人という意味があり、NEWSのファンがパーナさんと呼ばれるようになった語源でもある。再スタートの曲を「愛しい人」の意味を持つタイトルにするところがファンを恋人や妻*5という彼ららしい愛情表現だなと感じた。

 

~歌割りについて~

主に歌っていた山Pがいなくなり、歌割り配当の多かった錦戸くんもいなくなったことでメインボーカルは誰になるのかなと思っていたらまさかの手越くん。個人的にはCメロ担当の多いマッスーがメインになるかと思ってた。しかし、歌割りを見てみるとそれほど量に違いはない。手越くんがCメロ担当になったことでちょっと増えたくらいで、あとは均等に分けられている。見た目も華やかで歌唱力もありバラエティーによる認知度も高い手越くんを中心にしつつほかのメンバーの見せ場も多く作っている。

 

歌割り多 手越くん>マッスー=小山くん=シゲ

 

星をめざして」と比べると小山君とシゲの歌割りが格段に増えた。その増え方は、メンバーがトークでいじるくらい。*6ダンスフォーメーションも横一列と全員で一丸となって挑む方針が見える。あとYouTubeで「チャンカパーナ」と検索したところ結婚式の余興や文化祭のダンスで起用されている動画が多くみられた。今までの曲より世間になじみのいい曲であることがわかる。

 

 

KAT-TUN「楔 -kusabi-」(4人体制初シングル)

楔-kusabi- - KAT-TUN - 歌詞 : 歌ネット

~歌詞・曲調について~

おかえりKAT-TUNと言いたくなる、重くて暗い曲調。「Going!」の時は明るく再出発したわけだが、今回は完全に十字架を背負ってる。NEWS第1段階再結成の「星をめざして」のように「今の自分たちの状況を匂わせる歌詞」が多い。「きっと過去へ二度と戻れはしない」「もう一度そこからはじめよう」とかとか。(私の考えすぎかもしれないけど)あとこのPV、踊らない。ボイパない。RAPない(これは仕方ないか)。テクニックによるKAT-TUNらしさをすべて排除し「曲」だけで勝負している。でもちゃんとKAT-TUN。それが彼らの魅力。個性をつけなくちゃと奮闘した彼らはいつの間にかテクニックなしで自分らしさ=個性を表現できるようになっていました。

 

~歌割りについて~

中丸くんが一番多い!!!!!(驚)基本的に2人で歌っているところが多いのですがソロパートが多いのは中丸くんでした。たぶんこの曲が中丸くん主演のドラマ「変身インタビュアーの憂鬱」の主題歌だからかな…?でも、昔は中丸くんの初主演のドラマ*7だろうと、田中君の主演ドラマ*8だろうと亀梨赤西のメインボーカルで邁進していたのに…と大きな変化を感じました。中丸くんが一番多いと言っても他はほぼ同数。均等に歌割りされています。

 

歌割り多 N>K=U>T

 

田口くんが若干少ない気がするけど、ハモリの部分もカウントしたらたぶんほぼ同数になるような微々たる差。KAT-TUNも嵐のようにタイアップのメインになる人をメインボーカルにするのかと思ったらほかの曲も中丸くんの歌割りがなかなか多い。ダンスに関しても中丸くんがセンターにいることが多くなりました。朝の情報番組のレギュラー*9を務める中丸くんは新規層のファン獲得に一役買っている気がする。(全くジャニオタじゃない友人は中丸君が好きだという子が多い)KAT-TUNの新しく作った「爽やかでいいかんじの兄ちゃん」というイメージをさらに変えるため、いままでKAT-TUNの中では穏やかなイメージの強い中丸くんをプッシュしているように感じる。

 

総評

NEWSは今までのキラキラから少し影を見せ(星をめざして)、さらに再出発で輝きを爆発させ限りなく陽の存在(チャンカパーナ)になった。KAT-TUNはもともと属性では闇・陰だったが、明るい一面もみせて(Going!)闇に帰ってきました(楔)。陰と陽全く異なる性質を持つ2つのグループ。だけど、共有できる感情は多く合って、もがき苦しんできたことも自ら道を切り開いたのも彼らの共通点です。そんな2つのグループの再出発曲は「これからのグループのイメージを左右するのではないか」と考え記事を書かせていただきました。でも、比べてどうこうではなく私が言いたいのは、みんな違って皆いい!!NEWSはNEWSの良さがあるし、KAT-TUNKAT-TUN の良さがある。これからもこの2つのグループを応援していきたいと思います。

 

今まで何とも思わなかったけど、KAT-TUN って歌詞の量が多い。

 

 

*1:バレーボールワールドカップ2003』のイメージキャラクター

*2:『NEWS CONCERT TOUR pacific 2007-2008』

*3:魂参戦=コンサートに参加

*4:ボイスパーカッション 中丸担当

*5:手越くん発信の「子猫ちゃん♡」など

*6:少年クラブプレミアムにて「シゲとか歌割りガンガン増えてるからね!」(増田)

*7:RESCUE

*8:特急田中3号

*9:シューイチ

音楽の日~ジャニーズメドレースペシャルユニットについて~

 

ついに来ましたね!!来る7月4日、去年話題を呼んだ「音楽の日(TBS)14:00~」*1限定で結成されるスペシャルシャッフルユニットによるジャニーズメドレー!!!そのグループ分けと楽曲が本日発表されました。どのグループのファンも唸る絶妙な組み合わせなので私的感想を踏まえここの記したいと思います!

 

『硝子の少年』(KinKi Kids

長瀬智也滝沢秀明渋谷すばる亀梨和也手越祐也

なんだこれ…なんだこの各グループのエース集めましたチーム…まず、かつて西のすばる東のタッキーと呼ばれていた一時のジャニーズの人気の象徴である二人が一緒のグループにいることがすごい!ジャニオタ*2だけでなく一般の方の人気の長瀬くん。ジャニーズのセックスシンボルである亀梨くん。バラエティーでその類い稀なるアイドル力を発揮する手越くん。まさにジャニーズ界のレアル・マドリード*3。そんな彼らの歌う、「硝子の少年」楽しみすぎます!!

 

チャンカパーナ』(NEWS)

松岡昌宏大野智横山裕上田竜也・知念侑李・重岡大毅

つ、強そう…(松岡くんと上田くんの並びを見て)チャンカパーナって私的に「旅先で出会った女の子と一夜を明かす」って曲のイメージなんですが、彼らがそれをあの可愛い振り付けで踊るのかと思うと非常に楽しみで仕方ないです!!上田くんとかちょっと恥ずかしそうにするのかな…可愛いな…小指を立ててほっぺにつけてチャンカパーナァーーーー!!!」ってしてくれるんだよね。地味に松岡兄さんのチャンカパーナ超みたい。松岡兄さんならホイホイついていく自信がある。このあまりにも個性が強いグループで関西組の横山くんと重岡くんがどう活躍するのか見所ですね!知念くん、大野くんと同じグループでよかったね;;

 

無責任ヒーロー』(関ジャニ∞

国分太一三宅健松本潤・中丸雄一・薮宏太・桐山照史

この曲をノリノリで歌ってそう→太一くん、三宅くん、桐山くん。この曲を歌ってる姿が想像できない→マツジュン、中丸くん、薮くん。これどうなるの…中丸くんは去年と引き続き関ジャニ∞の曲を歌いますね。「やっぱすっきゃねん♡」っていう中丸くん非常にレアでした。(ただしDFE*4)また今年もワイワイしつつ目はDFEの中丸くんが見れそう。楽しみです!!!!

 

『MADE IN JAPAN』(V6)

櫻井翔村上信五小山慶一郎・伊野尾慧・有岡大貴・小瀧望

 前半の三人を見るとなんか特番できそう。とか思ってしまう、キャスター!MC!キャスター!非常にクリーンなイメージ、あとお茶の間の奥様方の認知度ナンバーワンのグループかもしれない。(情報番組的な意味で)。確かこの曲ガシガシ踊ってた気がするんだけど、櫻井くんとか村上くんとか大丈夫かな…?

 

『ええじゃないか』(ジャニーズWEST

城島茂・井ノ原快彦・田口淳之介加藤シゲアキ高木雄也岡本圭人

各グループの天使が集まったのかな?というくらい眩しい。眩しいくらい白いグループ(いい人の塊)。みんなニコニコして「ええじゃないか!ええじゃないか!はっ!はっ!はっ!はっ!」ってしてくれそう。この面子でテンションならだれにも負けない田口くんのはじけっぷりが気になるところ(自担贔屓*5)。最近はあまり聞きませんが、極度の人見知りのはずのシゲがこのグループで友達ができるのかも気になるところ。がんばれ!シゲちゃん!

 

『Venus』(タッキー&翼

坂本昌行堂本光一大倉忠義中間淳太・山田涼介

貴族集めたのかな。ジャニーズの中でも王子様と称される高貴な面々が揃ってます。「王子様が週末にクラブでみんなとダンシング☆」ってタイトルつけちゃうくらい。衣装にお金かけてください。セットギラギラのディスコ風にしてください。でも、ホストクラブ設定でもいい、私が嬉しい!!!ドンペリ入れます!!!!!

 

『BIRTH』(KAT-TUN

山口達也森田剛相葉雅紀錦戸亮八乙女光

相葉ちゃんが「生れ出たカナシミのBIRTH」って歌うの?尊い…KAT-TUNの曲って結構ほかのグループにうたわれてないイメージが強いのでわくわく!森田君以外KAT-TUNを歌う想像ができない!!個人的に山口くんの歌声が好きのなのでそこに注目したいところ!かっこよくビシッと決めてくれるのか、はたまたちょっと面白くしてくれるのか…楽しみです!!

 

ウィークエンダー』(Hey!Say!JUMP)

長野博二宮和也安田章大・増田貴久・濱田崇裕・神山智洋

実はこの曲知らないんですが、Twitterマッスーのウィークエンダー楽しみ!という声が多かったのでとても楽しみです!身長的に濱田くんがピョコっととびぬけてそう(笑)JUMPの曲って正統派ジャニーズアイドルのキラキラした曲が多いイメージなのでキラキラしたニノを久しぶりに見れる気がする!!!!

 

『One Love』(嵐)

岡田准一今井翼堂本剛丸山隆平・中島裕翔・藤井流星

すごい!!なんだろうこの「結婚したい男子」を集めたようなグループは…「100年先も愛を誓うよ 君が僕のすべてさ」と言われたい!!!と激しく思ってしまう!!!スタンドマイクで歌ってくれるんだろうな…テレビの前でなく準備はできている…お茶の間の女子を虜にすること間違いないですね。たのしみ。

 

まとめ

ざっくりとですが書いてみました。今までにないシャッフルユニットで夢と希望が広がりました!!シャッフルユニットは歌ってる時のじゃれ合いとか普段見れない組み合わせなどがみれるいい機会…!当日は14時スタートの長丁場!みなさんHDDの容量を空けて当日を待ちましょう!長々とお付き合いありがとうございました!

 

 

*1:詳しくはこちら→TBSテレビ60周年特別企画 音楽の日|TBSテレビ

*2:ジャニーズオタク

*3:スペインのサッカーチーム、各国のスター選手が集まっている

*4:死んだ魚の目「デス フィッシュ アイ」

*5:自分の担当=推し

KAT-TUN 隠れた名曲を探して(元気が出る曲編)

 

こんにちは、初めまして。多くの方がこの Hatena Blog を使って興味深かったり素敵なエピソード、はたまたクスリと笑っちゃう話など書いてくださってるのを見て「私も何か発信したい!」と思い始めました。

 

今回はタイトルのようにKAT-TUN 隠れた名曲を探して(元気が出る曲編)」というタイトルで記事を書かせていただきます。

 

まず、「なぜKAT-TUNなのか」→私がhyphen *1 であるから。「元気が出る歌」→梅雨に突入して気が滅入る時期。私自身も現在就職活動中で落ち込むことも多々ありました。そんな中気が付くと大好きなKAT-TUNの曲を聴いてる自分に気が付きました。ゴリゴリのROCKで攻めるイメージの強いKAT-TUNですが爽やかな応援ソングや、KAT-TUNらしい応援曲など様々あって面白い!また同じ境遇の「ちょっぴり落ち込んでる人に聞いてほしい」という思いを込めてこのテーマにしました。

 

最近、メンバーの個人的な活動が注目されグループとしてもバラエティー番組出演等で新しくファンになった方も多いはず…そんなあなたにKAT-TUNの隠れた名曲」をもっと知ってほしい!もっと好きになってほしい!というのが最大の目的です。つたない文章ですが、目を通していただけると幸いです。

 

尚、この選曲は私の独断と偏見によるものであることを理解したうえでご覧ください。(この曲も応援ソングでしょ!というものがありましたら教えてくれるとうれしいです><(私が聞きたいだけ))

 

1曲名 PERFECT

15th シングル 「WHITE」カップリング曲

PERFECT - KAT-TUN - 歌詞 : 歌ネット

亀梨君の出演したスーツの青木のCMで使用された曲です。hyphenの多くはこの曲を勧めるはず…!歌詞頭の「新しい服で街を飛び回れば」など春の新生活を応援する曲。「君が言うなら間違いない」「焦らず並んで歩いて行こう」「努力は必ずだれか見てるから、見てなきゃ俺からエール送るから」など押しつけがましくない応援セリフのオンパレード。Mステで発表されたときあまりの爽やかな曲調に驚きとともに素敵な応援の歌詞が胸にしみたことを思い出します。こんな名曲もカップリング収録…ぜひ聞いてみてください。

WHITE

WHITE

  • アーティスト: KAT-TUN,ECO,Sean-D,JOKER,18degrees.(Ken Arai),David Fremberg,pinkcastar
  • 出版社/メーカー: ジェイ・ワン・レコーズ
  • 発売日: 2011/05/18
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 18回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 

 

 2曲目 Will Be All Right

1st シングル 「Real Face」カップリング曲

Will Be All Right - KAT-TUN - 歌詞 : 歌ネット

『バレーボール・ワールドグランドチャンピオンズカップ2005』(日本テレビ系)応援ソング。(wiki参照)KAT-TUNの応援ソングと言ったらコレ!という一曲。デビュー曲カップリングにしてhyphenの多くの人気を誇る名曲です。バレーボールの応援曲ということでこちらも爽やかな曲調ですが「どうしたの君らしくないよ、そんなこと忘れてしまいなよ」などちょいちょい垣間見える俺様感がデビューした当時のギラギラしてとがりまくってたKAT-TUNらしい。1曲目に挙げた「PERFECT」はデビュー5年目なのでデビュー当時と比べると丸くなったなぁと実感します。

この曲をカラオケで歌うと「What You Worry About Will Be All Right ~♪」が歌えずに「ワチュワラワウリルビーオーラーイ ♪」と意味不明な歌詞で歌ってしまうのはhyphenあるあるだと思ってる。歌詞見たら単語の頭文字が全部大文字で表記されてました…いままで気づかなかった…

 

Real Face (通常盤)

Real Face (通常盤)

 

 

3曲目 Jumpin' up

2nd アルバム 「cartoon KAT-TUN II You」収録曲

Jumpin' up - KAT-TUN - 歌詞 : 歌ネット

これまでのKAT-TUNにない曲調。アゲアゲ(?)な曲。非常にチャラい明るい曲でヘイヘイ!朝まで踊ろうぜ!って曲かと思いきや最後の最後に「嫌なもんは忘れりゃいい everybody jump up!! その調子 もう気にすんな 何もかも everybody jump up!!」!?!??いきなりクソカッコいい!!!!とのたうち回ったのはいい思い出です。このクソカッコいい「気にすんななにもかも」の後の「えびばでぃじゃんぷあーーっぷ↑↑↑」はとても可愛らしいのでぜひ聞いてください。非常に明るい曲なので(私にとって)悩んでてもクスっと笑顔になれる曲です。

 

cartoon KAT-TUN II You (通常盤)

cartoon KAT-TUN II You (通常盤)

 

 4曲目 SMILE FOR YOU

6th アルバム 「CHAIN」収録曲

SMILE FOR YOU - KAT-TUN - 歌詞 : 歌ネット

KAT-TUNの真骨頂である「ハモリ」が盛りだくさんの一曲。鎖魂 *2 の時にこの曲を「スマフォ」とメンバーが略してたのが印象的でした。「辛いときには隣にいる」「一人じゃないいつもキミのそばにいる」いつでも隣にいてくれる;;発売当初は応援ソングとは思わず聞き流していましたが落ち込んだ時に聞くと非常に心にしみます;;

CHAIN

CHAIN

 

5曲目  ONE DROP

9th シングル 「ONE DROP」メイン曲

ONE DROP - KAT-TUN - 歌詞 : 歌ネット

亀梨くん主演の「神の雫」の主題歌です。最近すごく落ち込んだ時によく聞いてます。多分、多くの方が「え、これ応援ソングじゃなくね?」と思っているかと思うのですが、果てしなく落ち込んでいるときに言ってほしい一言が隠されている…「諦めていいよ 強がらなくていい 君のせいじゃない」このクズ製造機みたいな一言が果てしなく落ち込んだ時にしみる…激しく歌っておきながらこんな優しさあふれる一言を歌詞にぶちこむところが実にKAT-TUNらしいなと思っています。

ONE DROP [通常盤] [CD]

ONE DROP [通常盤] [CD]

 

 

総評

自分が落ち込んだ時に聞く曲リストを作りたくて考えたテーマなのですが思ったより応援ソングが多くて驚きました。個人的にKAT-TUNの曲は大半がラブソングで応援曲ってあんまりないイメージだったので…今回は数多くある応援ソングの中から5曲紹介させていただきました。どの曲も決して「頑張れ」や「もっとできる」などの言葉が入っておらず「一緒にいこう」「信じる」「そばにいる」など相手に寄り添い思いやる歌詞が多くとてもKAT-TUNらしいなと思いました。まだまだ紹介したい曲はありますのでまた機会がありましたら更新したいと思います。長々とお付き合いありがとうございました。

 

KAT-TUNを好きになってくれる方が一人でも増えてくれるとうれしいです!

 

 

*1: KAT-TUNファンの総称。グループ名の間の「‐」=ファン。

*2: KAT-TUN LIVE TOUR 2012 CHAIN 2012年2月11日 - 4月28日